帰化申請をお考えの方

2017年3月23日帰化申請

行政書士 武原広和事務所(福岡県北九州市八幡西区)では福岡県のお客様を中心に帰化申請のご依頼を多くいただいております。
北九州市にお住まいの方はもちろん、福岡県内の各市町村、九州各県、山口県、全国にお住まいの方からの御依頼も歓迎しております。
帰化をお考えの方はどうぞお問い合わせください。

帰化申請専門の行政書士
  • 帰化したいと前々から考えていたが、日常の生活に追われ、なかなか行動に移せない。
  • 帰化をしようと思うが、まずは何から始めたら良いのか分からない。
  • 帰化を決意して法務局に行き、必要書類の指示・説明を受けたが、どうすればよいのか良く分からない。
  • 平日はなかなか役所で書類を集めたり書類を書く時間が取れない。
  • 韓国の戸籍謄本などの日本語翻訳を頼みたい。

帰化をお考えの方は、行政書士 武原広和事務所が、申請の準備から申請受付まで懇切丁寧にサポートいたしますので、ご自分でコツコツとなさるよりスムーズに、そして早く帰化申請をしていただけます。

行政書士 武原広和事務所に御依頼いただけること

お客様のご都合・予算等に応じてお選びいただけます。

1.下記の(1)~(3)すべてを御依頼なさりたい方

(1)必要書類を代理でお取りすること(2)申請書などをお作りすること(3)韓国の戸籍を日本語に翻訳すること

帰化申請の準備をすべて依頼したいという方に最適です。帰化申請に必要となる書類は基本的に行政書士 武原広和事務所が御準備いたしますので,あとは給与明細書や源泉徴収票,証明写真などを御準備いただくだけで結構です。
費用のお見積もりをいたしますので御連絡ください。

2.書類の作成と翻訳のみを御依頼なさりたい方

帰化申請の必要書類(法務局から配布された必要書類一覧表に載っている各種証明書)はご自分でお取りになり、帰化許可申請書などの作成と韓国の戸籍の日本語翻訳を依頼したいという方に最適です。

3.日本語翻訳のみを御依頼なさりたい方

ご自分で帰化申請の必要書類の収集と申請書などの作成をなさり、韓国の戸籍謄本の翻訳のみを依頼したいという方に最適です。
この場合は,韓国の戸籍謄本の日本語翻訳のページからもご依頼いただけます。
もちろん中国の公証書などや英語の書類などもの翻訳もご依頼いただけます。

4.帰化許可申請の書類作成に関する相談をなさりたい方

帰化申請書や履歴書,生計の概要,事業の概要,親族の概要,自宅や勤務先付近の略図などの書き方のみ相談したいという方に最適です。

※もちろん、御依頼は必ずしも上記の1~4のいずれかでなくても構いません。お客様のご都合やご予算などに応じてご依頼いただけますので、お気軽にお問い合わせください。


ご依頼の方法

1.御自分の住所を管轄する法務局で事前相談

まずは,御自分の住所を管轄する法務局に電話で予約してから事前相談に行かれてください。帰化の第一歩は事前相談です。

  • ご住所を管轄する法務局の所在地、連絡先は、こちらで確認できます。→法務局
    (国籍手続きを取り扱っている法務局になります。もし、お分かりにならない場合はお気軽に当方までお尋ねください)
  • 法務局に行く際には簡単な家系図を書いて持参しておくと法務局の担当者に説明しやすいでしょう。
  • 帰化申請に必要な書類は、お客様の国籍、在留資格、家族構成、職業等によって異なりますので、法務局の担当者から説明を受けてください。その際、法務局からお客様が集めるべき必要書類の一覧表をもらえますので、お持ち帰りください。

2.行政書士 武原広和事務所へのご連絡

行政書士 武原広和事務所へのお問い合わせはこちら

3.お申し込み内容の確認、打ち合わせ。

  • お客様宅や当事務所,または、電話・メール・ライン・FAX等でお申し込み内容の確認をいたします。そして、今後の流れ、費用等について御説明いたします。
  • お申し込みになる前に大体の費用をお知りになりたい方は、事前にお問い合わせいただきましたら、おおよその費用をお知らせします。

4.お申し込み

  • 必要書類の代理取得を含めてお申し込みになる場合は、着手金として、お見積もり額の半額程度(金額は前もってお知らせします)をお支払い下さい。
  • 着手金のお支払いは、現金または銀行振り込みにて御願いします。
  • (申請書類の作成のみのお申し込み、韓国語の戸籍謄本の翻訳のみのお申し込みの場合は、納品の際に請求書をお届けしますので、書類をお受け取りになってから現金または銀行振り込みにてお支払い下さい。)

5.帰化申請の準備開始

  • 帰化申請の必要書類の収集をご依頼いただいた場合は,迅速に効率よく進めてまいります。
  • 代理取得が出来ない書類については、その旨ご連絡いたしますので、お客様ご自身で御用意下さい。
  • 法務局によっては必要書類が一通りそろった段階で確認しますので,当方がご用意した書類をいったんお客様にお渡しします。法務局で確認が済みましたら帰化許可申請書などの書類作成をいたします。

6.帰化申請書類のお渡し

  • 帰化申請の準備が整いましたらお客様にすべての書類をお渡しします。
  • 必要書類の代理取得をお申し込みになった場合は、費用の残額を清算して御請求いたしますので、現金又は銀行振り込みにてお支払い下さい。

7.法務局での帰化申請

  • 申請は、お客様ご自身が法務局にて行なってください(ただし、15歳未満のお子様は除きます)。帰化申請は行政書士が代理で申請ができませんので,御了承ください。
  • 以上で当方の業務は終了しますが、その後も国籍に関することなど継続して御相談ください。

8.法務局にて面接

  • 法務局からお客様へ面接の連絡があり、法務局で面接があります(事情により別途面接をすることが難しい場合は、法務局の計らいにより申請当日に面接もあわせてしてくれる場合があります)。

9.帰化許可後

  • 帰化申請の審査にかかる日数は、在留資格や申請内容等々により、それぞれ異なりますが、特別永住者の方の場合、特に問題なければおおむね半年から10か月で許可されます。
  • 審査の結果、無事に許可されましたら、法務局よりお客様に連絡がありますので法務局で帰化者の身分証明書を受け取り、市町村役場へ帰化の届出、特別永住者証明書、在留カード)の返還などを行い、その後、必要に応じて運転免許証など各種名義変更等をしてください。

お支払いいただいた料金につきましては、帰化申請が不許可になった場合でも返金出来かねますことをあらかじめご了承下さい。
ただし,何らかの事情により,帰化申請をする前にご依頼を中止なさる場合は,それまでに要した費用を差し引いたうえで返金いたします。
このページの説明について、不明な点がありましたら、お気兼ねなくお尋ねください。

【対応地域】福岡県北九州市(小倉北区・小倉南区・門司区・戸畑区・八幡東区・八幡西区・若松区)
遠賀郡(遠賀町・岡垣町・水巻町・芦屋町)中間市 飯塚市
糟屋郡(宇美町・粕屋町・篠栗町・志免町・新宮町・須惠町・久山町)嘉穂郡桂川町 嘉麻市 鞍手郡(鞍手町・小竹町)
久留米市 古賀市 田川郡(赤村・糸田町・大任町・川崎町・香春町・添田町・福智町)
田川市 大宰府市 筑後市 筑紫野市 直方市
福岡市(早良区・城南区・中央区・西区・博多区・東区・南区)豊前市 福津市 京都郡(苅田町・みやこ町)
宮若市 宗像市 行橋市 その他福岡県全域
大分県 熊本県 佐賀県 長崎県 宮崎県 山口県下関市

帰化申請書類の作成や韓国語の戸籍謄本の日本語翻訳のご依頼は全国どちらからでも歓迎しております。

帰化申請の費用が膨大にかかるのでは?と心配なさっている方もいらっしゃるかも知れませんが、ご安心ください。もちろん人によって価値観は様々ですから一概には言えませんが、行政書士 武原広和事務所の帰化申請費用は,おそらく比較的お安いと感じていただけるのではないかと思います。ご依頼になる前に細かくお見積りをさせていただきます。
行政書士 武原広和事務所の帰化申請用ホームページの、ケース別 これまで御依頼いただいた方の費用も参考にされてください。

Posted by main-takehara