書類作成相談

2016年9月19日

行政書士 武原広和事務所では、外国人の配偶者ビザ申請、外国人雇用のための就労許可申請、海外から外国人を呼び寄せる手続き、外国人の在留期間の更新や変更の申請、日本の永住許可申請、帰化申請などの書類作成相談を次の方法で御利用いただけます。

書類作成相談の方法

ご相談の方法はお問い合わせ先のページに掲載しておりますように,eメール,LINE,Skype,Instagramなど様々な方法でできます。
通話や面談による相談をご希望の場合は,下記をお読みのうえご予約ください。


通話による相談(電話・Skype・LINE・Facebookメッセンジャーなど)及び面談による相談のご予約

ご予約の方法

お問い合わせ先のページから通話を希望なさる日時をいくつかお知らせください。その際,お名前,ご住所,電話番号をお知らせください。

予約当日になりましたら

電話相談の場合は、ご予約時刻にお客様より当方までお電話をおかけください。
Skype(スカイプ)の通話相談の場合は、Skype内で武原 広和と検索なさっていただくとこちらのアカウントが出てきます。
そのほかの方法での相談の場合は,あらかじめ方法をご連絡いたします。
面談相談の場合、面談場所はお客様宅(企業様の場合は御社事業所)、お客様又は当方の指定した場所、当事務所のいずれかで行ないます。

相談料金

相談方法を問わず相談料金は次のとおりです。御相談の内容によって相談料金が下記のいずれに該当するか判断させていただきます。
ただし、面談相談の場合は、交通費実費と出張日当も合わせてお支払いください。交通費実費と出張日当の金額はあらかじめお知らせいたします。

一般的な相談または簡易な相談 5,000円(税込)
考案を要する相談 10,000円~30,000円(税別)
特に考案を要する相談 30,000円~50,000円(税別)

お支払い方法

面談によらない方法による相談
(電話・Skype(スカイプ)・メール・LINE@・twitter・Facebook(フェイスブック)・FAXなど)
相談終了後1週間以内に指定の銀行口座へお振込みください。請求書が必要でしたらお送りいたします。
面談による相談 面談終了時に現金にてお支払いいただくか,面談の前または後(後の場合は1週間以内)に指定の銀行口座にお振込みください。

お支払いには、普通為替、定額小為替、小切手、現金書留なども御利用可能です。

相談のお申し込みについて不明な点がありましたら、当方までお問い合わせください。

Posted by main-takehara