外国人の日本入国と滞在手続,帰化申請を多数扱っている行政書士です

2016年8月15日

行政書士 武原広和事務所へのお問い合わせはこちらから!

外国人を日本に呼ぶとき、日本に在留する外国人の在留資格の手続きをするとき、日本の国籍を取得(帰化)したいとき、まず何から始めて、どのような方法があるのか、出入国在留管理局や日本国大使館・総領事館に尋ねてみても今ひとつピンとこない。インターネットで調べてみても、それぞれ違うことが書いてあって、自分の場合はどうなるのだろう?とお悩みではありませんか?

行政書士 武原広和事務所に依頼すると,どういったメリットがあるのか?

1.そもそもビザ・在留資格・国籍の許可がもらえるのか御相談いただけます

「そもそも、ビザ・在留資格・国籍が取れるのか?条件をクリアできるのか?」と疑問に思われるでしょう。
確かに、ここが一 番肝心です。この問題がクリアできなければ、例えどのような書類を用意しようとも許可される見通しがないからです。
ですから、書類作成のお申し込みをされ たお客様には、詳しく御事情を伺い、ビザ・在留資格・国籍取得の見通しがあるようでしたら、書類作成、申請手続きを行ないます。許可の見通しがないまま、やみくもに申請するなど、お客様にとっても無駄となることはいたしません。

2.ビザ・在留資格・国籍取得の可能性をアップするとともに申請手続きをスムーズに

行政書士 武原広和事務所は、日本のビザ・在留資格・帰化の手続を専門にしている行政書士です。
これまで多くの経験と実績がありますから、お客様個々のケースに応じて、許可を得るためには、どのような書類・立証資料を用意すべきか的確にアドバイスを差し上げることができます。
申請書や質問書、理由書・陳述書等は,行政書士 武原広和事務所がすべて作成いたしますが,入管・日本国大使館・総領事館・法務局等の審査担当者にとって分かりやすい内容に仕上げますので、結果的に審査がスムーズに、かつ、自ずと許可の可能性も高まるものと存じます。

3.時間の節約になります

就労ビザ配偶者ビザ日本永住権その他の入管の申請や帰化申請の手続きには、必要書類の準備、申請書類の作成に多くの時間と労力を要す場合が多いと思います。
また、入管では待ち時間が数時間に及ぶときがあります。
行政書士 武原広和事務所に書類作成、申請取次をお申し込みになると、書類はすべて当方がお作りしますし,入管に行く必要はありませんから,これらの煩雑な手続から解放されます。行政書士 武原広和事務所は、外国人の日本ビザ・在留資格・帰化申請を日頃より専門に扱っていますので、スピーディーかつ、きめ細やかな対応が可能です。(ただし、立証資料の一部はお客様にご準備いただく場合がございます。また、帰化申請についてはご自分での申請になります。)

4.全国・海外からのお申し込みもOK

行政書士 武原広和事務所は、福岡県北九州市の行政書士ですが、日本全国・海外からのお申し込みを歓迎しております。
実際に多くの福岡県外・海外居住のお客様より御依頼をいただいており、電話・スカイプ・メール・LINE・FAX等でやりとりしながらご依頼を進めております。
お客様宅(お客様が企業の場合は御社),入管までの交通費、出張日当については極力お客様の負担が軽減するよう交通手段等を工夫しております。

5.アフターフォローも万全

日本に滞在する外国人とビザ(在留資格)の問題は切っても切り離せません。
永住許可を受けない限り,就労系の在留資格・身分系の在留資格(日本人の配偶者など),その他の在留資格には在留期限がありますので、更新が必要ですし、今後、家族を日本に呼び寄せたい場合や日本で子どもが生まれた場合なども在留資格を取得しなければなりません。
日本から出国する場合は再入国許可が必要となる場合がありますし、日本で長く生活していれば永住権の取得をお考えになられるかもしれません。
一度、ご依頼いただいたお客様とは末永くお付き合いをさせていただきたいと考えておりますので,ご依頼が完了した後でも,いつでも当事務所に御相談ください。

行政書士 武原広和事務所の特徴
外国人の日本ビザ・在留資格を専門にしているのが特徴です。出入国在留管理局(入管)の申請手続きや帰化申請、日本国大使館・総領事館宛のビザ申請書類(招へい理由書等)を専門に扱います。
外国人の日本就労ビザ、配偶者ビザ、日本永住権、その他入管の申請、帰化等の手続でお困りでしたら、全国どちらでもお伺いしますので、お問い合わせ先まで御連絡下さい。
ご利用された方の国籍
【アジア地域】中国及び台湾・韓国・インド・フィリピン・マレーシア・ミャンマー・ラオス・タイ・インドネシア・バングラデシュ・ネパール・トルコ・スリランカ・モンゴル・ベトナム
【中東】イラン
【欧州】ウズベキスタン・ロシア・ウクライナ・ルーマニア・アルバニア・モルドバ・アルメニア・フランス・ドイツ・ベラルーシ・オランダ・イギリス・オーストリア
【大洋州】パラオ・オーストラリア
【南北アメリカ】アメリカ・ペルー・ブラジル・カナダ・エルサルバドル
【アフリカ】エジプト・マラウイ・モロッコ・ナイジェリア・タンザニア

お客様の声はこちら
メールマガジン『入管法』
入管法とは、出入国管理及び難民認定法の略です。就労ビザ・国際結婚ビザ・日本永住者申請・その他在留資格等入管手続を行なう場合には是非知っておきたい法律です。メールマガジン『入管法』では、入管法の条文と簡単な解説、法改正等をお送りしています。(購読無料)
配信希望のメールアドレスを入力して登録ボタンをクリックして下さい。

  メールアドレス