2016年9月30日翻訳・認証業務

パスポート認証

申し訳ありませんが、現在のところパスポート認証サービスを一時停止しております。

海外の銀行に口座を開設する際などにご利用ください。

お申し込みの方法

  • 1.まずは、お電話またはメール、FAXにて面談の御予約を御願いします。お問い合わせ先
  • 2.当日、身分証明書(運転免許証)とパスポートを当事務所までご持参ください。その場で認証文を作成し、お渡しします。
  • 3.認証料金は現金にてお支払い下さい。料金は5,400円(税込)です。

※当事務所が行うパスポート認証は、パスポート、運転免許証等の公的機関が発行した文書のコピーが、原本のコピーに相違ない旨を証明するものであり、当該文書及び文書の内容そのものを認証するのではありません。

2016年9月29日翻訳・認証業務

韓国語の家族関係証明書・基本証明書・婚姻関係証明書・入養関係証明書・親養子入養関係証明書・除籍謄本を日本語に翻訳します。

国籍の手続き専門の行政書士による翻訳
帰化申請・婚姻届・相続登記・相続放棄・保険金請求の調査・年金や健康保険等の手続き・在留許可(ビザ)の申請などで、韓国の家族関係証明書・婚姻関係証明書・基本証明書・入養関係証明書・親養子入養関係証明書・除籍謄本(旧戸籍謄本)の日本語翻訳が必要なときに御利用下さい。正確・丁寧な日本語訳をお届けいたします。

個人の方はもちろん、法律事務所様、司法書士事務所様、行政書士事務所様、税理士事務所様、生命保険会社様、銀行及び金融機関様、国・地方公共団体様なども業務上、韓国語(ハングル)の除籍謄本や各種証明書の日本語翻訳が必要な際にご利用下さい。

日本語翻訳は原稿(原本)と同じレイアウトにして作成しております。

日本語翻訳のお申し込み方法

原稿(原本または綺麗にコピーしたもの)を郵便等で当方(〒807-0853 福岡県北九州市八幡西区鷹見台1-1-5 行政書士 武原広和事務所)までお送り下さい。または原稿をPDF等にしてメール添付のうえお送り下さい。

  • ※原本をお送り頂いた場合は納品の際にお返しいたします。
  • ※原稿をFAXでお送りいただくのは御遠慮下さい(文字の判読が難しい為)。
  • ※原稿がコピーまたはPDFなどの場合、ハングル文字の判読が難しい時がございます。そのような場合はご面倒ですが原本を再度お送り頂くことがございます。また、最下部に羅列している数字やページ数の部分までコピー又はスキャンしてください。裏面にスタンプがある場合は裏面もコピー又はスキャンしてください。
  • ※原稿をお送りいただく前にお尋ねになりたいことがありましたら、お電話(093-602-9901)またはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
原稿をお送りいただく際には・・・・

下記事項を適当な用紙にお書きになって同封して下さい。
(メールでお申し込みの場合は、メールに下記事項をお書き下さい)

  • (1)お名前(韓国名と通称名)
  • (2)ご住所(翻訳の送り先)
  • (3)お電話番号
  • (4)翻訳の納品方法に御希望があれば、下記いずれかの方法
    (郵送での納品の場合、特に御希望がなければ普通郵便でお送りします)

    • 1.普通郵便
    • 2.速達
    • 3.特定記録
    • 4.簡易書留
    • 5.一般書留
    • 6.レターパックプラス
    • 7.レターパックライト
    • 8.EMS
    • 9.メール(PDF添付)
    • 10.その他(         )
    • ※複数選択可(速達+簡易書留 など)
    • ※郵便納品の場合、希望された郵送方法の送料実費はお客様にて御負担いただきます。
    • ※メールでの納品の場合、送料は無料です。(ただし、帰化申請など役所に提出する翻訳は、翻訳者の捺印が必要になりますので郵便での納品を御希望下さい。)

翻訳料金

原稿の書類 1ページあたりの翻訳料金
【家族関係の登録等に関する法律に基づく証明書】
家族関係証明書婚姻関係証明書基本証明書入養関係証明書親養子入養関係証明書
2,000円+税
除籍謄本 電算化(コンピュータで作成されたもの) 3,000円+税
除籍謄本 非電算化(手書きで横書きのもの) 4,000円+税
除籍謄本 非電算化(手書きで縦書きのもの) 5,000円+税

※御請求金額は翻訳料金と送料の合計額になります(メールでの納品は送料無料です)。

※料金のお支払いについては、納品時に請求書を同封いたしますので、翻訳をお受け取りになって1週間以内に請求書記載の銀行口座までお振込み下さい。なお、振込み手数料につきましては、誠に勝手ながらお客様にて御負担下さい。

※翻訳途中で、各種証明書や除籍謄本に記載されている日本の住所等(例えば出生場所など)についてお客様にお尋ねすることがございます。(近年の市町村合併、住居表示実施等によって当時の住所を調査するのが難しい場合や元々誤って証明書や除籍謄本に載っている場合がある為、確認させていただくことがございます。)

※紙ベースでの納品の場合、翻訳文の余白に翻訳年月日、当方の氏名・住所・電話番号を明記し、職印を捺印します。

※ご自分で家族関係証明書・婚姻関係証明書・基本証明書などの証明書や除籍謄本の請求(取寄せ)が難しい場合は、当方が代理申請出来ます。詳しくは当方までお尋ね下さい。

※お申し込みに関して不明な点などありましたら、下記までお気軽にお尋ね下さい。

  • TEL(093)602-9901
  • FAX(093)602-9903
  • メールはこちら
  • スカイプは、武原 広和 と検索してください。スカイプを利用される際は、あらかじめ電話かメールでその旨お知らせください。
  • 行政書士 武原広和事務所まで

帰化申請の書類作成のご依頼はこちらを御覧下さい。

このページの上に戻る